人物

高梨健太郎(ウォッシュプラス社長)の出身高校や大学は?経歴も調査

1月17日の「がっちりマンデー!!」にウォッシュプラス社長の高梨健太郎さんが出演されました。

「ウォッシュプラス」といえば、イオンの力で汚れを落とす、
究極の水洗いコインランドリーを全国に展開する会社ですよね!

そんな「ウォッシュプラス」の社長さんがどんな方なのか、とても気になりました。

そこで今回は「高梨健太郎(ウォッシュプラス社長)の出身高校や大学は?経歴も調査」として
普段テレビではなかなか紹介されることのない、
ウォッシュプラス社長 高梨健太郎さんの学歴や経歴を調べてみたいと思います!

aki
aki
ではでは調査していきましょう~

高梨健太郎(ウォッシュプラス社長)の出身高校や大学は?

お父様から引き継いだ不動産業を営むいっぽうで「ウォッシュプラス」を起業した高梨健太郎社長!

さっそく出身高校や大学はどこなのか?学歴を調査していきたいと思います!

高梨健太郎の高校はどこ?

高梨健太郎さんは、1992年に私立東京学館総合技術高校を卒業されています。

私立東京学館総合技術高校は、
千葉県船橋市豊富町にある
全日制男女共学の私立高校です!

偏差値は40-43

普通科の他にも、会計や簿記の分野を中心にして学習を行っていく情報処理科や、
卒業時に調理師免許を取得することが出来る食物調理科など
将来の職業に直で役立つ技術を学べるようです。

高梨健太郎の大学はどこ?

野球のスポーツ推薦で「私立東京学館総合技術高校」に入学されましたが、
大学には野球進学ができなかったようです。

本人の公式サイトやフェイスブック、その他の情報を見てみましたが、
大学に関する情報が一切出ていませんでした。

19歳の時に市川商工会議所に入所との記録もありましたので、大学には進学されなかったようですね。

高梨健太郎(ウォッシュプラス社長)の経歴は?

イオンの力で汚れを落とす、究極の水洗いコインランドリー!
アイデアと行動力で大成功された高梨健太郎社長の経歴を調べてみました。

1991年 市川商工会議所に入所
2004年 株式会社共同住宅入社
2007年 株式会社共同住宅 社長に就任
2013年 wash-plus創業
2017年 スマホ決済などが可能な「スマートランドリー」開発
起業家イベント「超域クラウド交流会」で千葉県知事賞を受賞

高校卒業後は、展示会の施工会社勤務を経て、19歳の時に市川商工会議所に入所。
中小企業向けに帳簿のつけ方を教えたりする業務を担当されたそうです。

その後、31歳の時にお父様の代から続く不動産会社に入社し、後を継いだとのこと。

生まれ育った浦安市で、お父様から引き継いだ不動産業を営むいっぽう、2013年からは新型コインラインドリー開発と運営に着手されたんですね!

ウォッシュプラスは、高梨社長が会社の近くにたまたまあった、
(株)Eプランというアルカリイオン水製造の会社を会社を発見!

近所にたまたまあったベンチャー企業と協力していくことで、一気に成功につながりました。

aki
aki
決断力と行動力!すごいです。

2017年に受賞された、ビジネスプランを掲げて臨んだCHIBAビジネスで
千葉県知事賞 ちば起業家大賞を受賞されたことが、大きな転機となったようです。

ウォッシュプラスとは?

「ウォッシュプラス」はイオンの力で汚れを落とす、究極の水洗いwash+Tevhnologyをかかげ、
イオンの力で汚れを落とす、究極の水洗いのコインランドリーを全国に展開する会社です!

■社名:株式会社 wash-plus
(ウォッシュプラス)
■所在地:〒279-0004千葉県浦安市猫実1-9-5
■代表者:代表取締 高梨健太郎
■創立:2013年5月
■現在の年商:1億1,200万円
■従業員:5名

アルカリイオン水だけで汚れを落とすので、化学物質が衣類に残らずお肌にも安心。

さらにアルカリイオン水だけで洗っているので、すすぎの時間が短縮されて、水の使用量を削減、時間の削減にもなるなんて画期的です。

排水もクリーンな排水となるので、環境にもやさしい!

aki
aki
すばらしいアイデア!

まとめ

つねに進化している高梨健太郎と「ウォッシュプラス」

2020年にはコインランドリー「wash+」をフランチャイズイズ化。
全国に24ある店舗数を、今後3年で200店舗に拡大予定!とのことです。

今回は「高梨健太郎(ウォッシュプラス社長)の出身高校や大学は?経歴も調査」として高梨健太郎さんの学歴と経歴についてご紹介いたしました!

今回は以上になります。

最後までお読みいただきありがとうございました。